トレンド情報を発信しています

大王製紙 不織布マスク販売はいつから?値段が気になる!国内工場で生産開始

アバター
WRITER
 
大王製紙 不織布マスク販売はいつから?価格は?国内工場で生産開始
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

エリエール」ブランドでおなじみの大王製紙は27日に
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて
子会社のエリエールプロダクト(愛媛県四国中央市)の
栃木工場(栃木県さくら市)で不織布マスクの生産を始めたと発表

月400万枚から徐々に生産ペースを上げていき、月1300万枚まで増やす計画

まずは医療機関や介護施設に提供することから取り組み
一般向け販売も検討する
 
 

大王製紙はこれまでにも中国など海外の協力工場で
不織布マスク
エリエール ハイパーブロックマスク
エリエール +Water うるごごちマスク
を生産して販売してきたました
 

出典:大王製紙
 
 

出典:大王製紙
 
 
国内生産にも取り組むことで安定供給につなげることができます

エリエールプロダクト・栃木工場では紙おむつなどを生産していまるが
新たに、最新鋭のマスクの生産設備1台を導入した

今回の新設ラインに加えて2台目の加工機を増設して
7月には生産能力を月2600万枚まで引き上げる計画
 
 

大手企業の「MAID IN JAPAN」のマスクなら安心できますよね!


 
 
この記事では大王製紙 不織布マスク販売はいつから?値段が気になるについて
情報がはいりしだい追記してまとめて紹介していきます。
 
 
大王製紙 不織布マスク販売はいつから?値段が気になるの
事情を知りたいという方は、最後まで読んでみて下さい。
 
 
それではまず、不織布マスク販売はいつから?の情報からまとめていきます。
 
 
スポンサーリンク

 
 

大王製紙の不織布マスク販売はいつから?

 
大王製紙の不織布マスクは最初は
医療機関や介護施設に提供します。
 
まだ一般発売の詳細は発表されていませんが
 
大王製紙は「エリエールオンラインショップ」という
公式通販(ECサイト)を持っているので、
エリエールオンラインショップからネット注文が出来る可能性もあります。
 

エリエールオンラインショップはこちら


 
 
現在日用品のマスクのところをみると
すべて品切れとなっています。
 
 

出典:エリエール オンラインショップ
 
 
 
 
大王製紙の発表
 

  1. 4月末に1ラインで月1300万枚まで生産可能な設備を導入
  2.  

  3. 早期に大量のマスクを必要としている医療機関
    介護施設などに優先してマスクを供給
  4.  

  5. 7月には設備を2台に増やし
    月間2600万枚の生産能力まで増強

これが大王製紙の不織布マスクの生産計画
 
 
 
シャープのマスクは1日あたり
最大50万枚(月1500万枚)の生産を目標に現在取り組んでいて
すでに一般発売も行われている。
 
 
シャープがマスクの生産を発表したのは3月24日です
販売までにかかった期間は約1ケ月
 
 
これをもとに仮定すると医療機関などの供給させるのが
5月下旬から6月初旬と予想できます。
 
 
一般販売はそこから1ケ月後ぐらいでしょうか!?
需要と供給のバランスは必ずくずれて
需要が大きく上回ります。
 
 
このことも踏まえてある程度マスクの在庫を持ってから
販売開始に踏み切るとすると
7月ぐらいからの販売開始になるのではないでしょうか!?
 
 
これはあくまでも予想ですので
新しい情報が入りましたらお伝えさせていただきます。
 
※この記事は新情報がはいりましたら更新していきます
 
 
 

スポンサーリンク

大王製紙の不織布マスク値段は?

 
エリエール オンラインショップのマスクの価格を見てみると
 
エリエールハイパーブロックマスクかぜ・花粉用10枚
価格:294 円(税込)(1枚当たり約30円)
 
 
シャープのマスクの価格 1箱(50枚入り)限り、価格が2980円(税別)
も調査済みと予想できます。
 
 
この価格を元に
国内生産での人件費や機械の設備投資なども考慮すると
 
10枚で600円前後でしょうか?(1枚当たり約60円)
50枚なら3000円前後!?
 
この価格は現時点(2020年4月28日)での予想となりますので
新しい情報がはいりましたら追記させていただきます。
 
※この記事は新情報がはいりましたら更新していきます
 
 
 
大王製紙の不織布マスクは公式ページ以外でも
販売されていますがやはり売り切れです
 

 
 

 
 
 

スポンサーリンク

「エリエール」の大王製紙 不織布マスク生産開始
不織布マスクについて

 
大王製紙といえば、トイレットペーパーやおむつ
キッチン用品など、日常私たちが使う紙製品を
届けてくれている「エリエール」ブランドで有名な会社。
 
 
不織布マスクとは
日常よく目にする花粉症用のマスク。
 
 
ドラッグストアなどで箱入りで30枚入り・50枚入りで
販売されている使い捨てのマスクのことです。
 
 
不織布とは字のごとく「織らない布」で
繊維同士をいろいろな方法で結合させて
シート状にしたものをいいます。
 
 
大王製紙といえば箱型ティッシュペーパーの
「エリエール」ブランドが頭に浮かびます。
 
 
紙やティッシュペーパー・おむつなどの生産技術があり
また海外でのマスク生産・販売の実績がありますので
今回の国内でのマスク生産は必然的だったと言えます。

家電大手の「シャープ」がマスクを販売したことが
世間では大絶賛されて話題になりました。
 
 
今回の大王製紙はシャープを追従する形になりました。
他の企業も大きなニュースにはなっていないものの
マスクの生産を開始しています。
 

今後もマスク生産を開始する
大手企業が増えてきてほしいですね!


 
 
 

スポンサーリンク

大王製紙 不織布マスク販売はいつから?
値段が気になる!国内工場で生産開始
ネットでの世間の反響は

 
大王製紙 不織布マスク販売について
ネットでは様々な意見が飛び交っています。

 

布マスク2枚よりこう言う工場に支援して生産枚数増やした方がいいんじゃないのか?
雇用も出来るし。
なんで海外に金渡すのか分からん。

 

これまでは価格競争で安くしないと売れないから海外で作っていた。
高くても売れるなら国内で作るというだけ。
国内生産で価格が上がるのは仕方ないが、
その分コロナ後には景気を良くして
お給料も増えないとやっていけないな。

 

国産マスクの増強、頼もしい限りです。
医療や福祉の現場へ優先供給も大賛成です。

一般販売は…、転売ヤー対策をした上で、
慎重にお願いしたいです。
I社やS社が販売サイトパンクした事を忘れず、
活かされますように。

 

先日ヤフオクで自動車部品を落札したストアから
「マスクが入手しました」と突然案内のメールが。

アクセスしてみると50枚しか入っていないのに
5000円近くの値段が設定されている。

なぜマスク品薄の時期にしかも自動車部品を扱う会社が
大量にマスクなど入手できたのか、不思議。

 

これは心強い。
こうやって、どんどん国内生産のマスクが増えれば、
マスク転売ヤーたちが慌てて在庫を売り始める。

みなさーん、悪質転売ヤーからは買わなくていいですよ~。

もし買うなら、足元見て、思いっきり安い価格まで待ちましょう。

 

中国と 転売を生業としている輩の焦りの匂いが
見えてくるかのように 感じる。

特に中国に至っては 量産と価格で 圧倒的シェアがあっただろうが、
日本が本気出して 良製品、研究熱心な品質と
価格のバランスを打ち出したら、
今回のこの時勢から いざという時のマスクの需要時に 世界規模でみると、
日本製が 優位に立ち続ける懸念を 警戒するだろうと思う。

それもこれも、 中国側が 日本と契約してるにも関わらず、
生産したマスクを 国が勝手に掬い上げて 違反の囲い込みをしたせいです。

のちに 「マスクありますよ~ 支援しますよ~ 」と、
この春までは 確かに 助かったには違いないが、
これからは 日本舐めんなよ攻撃が始まります。

中国、 マネして 紛らわしいコピー商品 作らないでね。

 

日本の企業が頑張ってくれている

世界中でマスクの重要性も広がった今、
メイドインジャパンのマスクは必要とされることでしょう

もう中国製50枚で3千円とかバカげたマスクは買わない
きっとみな同じ気持ちなのでしょう

楽天でお気に入り登録していたマスクが千円引きとか価格が暴落していた
きっとそのうち大量に余ってどんどん値下がりすると思う

 

国内の安定供給が出来るようになったら
中国からの供給は切ってほしい。マスクに限らず!

 

問題はこうして増産されたマスクが
武コロ相場の価格で販売されるということ
海外市場で欧米とかに原材料から買い負けているんだと思いますけど、
大量に消費する医療機関などはこうした価格で
長期的に調達するのはきついんじゃないかしら?

 

本当に動いて欲しい大手がやっと生産開始しましたね。
安価で高品質の商品がやっと出回ってくると期待しています。

以上 出典:Yahoo!ニュース

 
 


 
 


 
 

 
 
 

スポンサーリンク

大王製紙 不織布マスク販売はいつから?
値段が気になる!国内工場で生産開始
まとめ

 

  • 「エリエール」のブランド名で知られる大王製紙が
    不織布マスクの国内での自社生産を開始しました。
  •  

  • 感染対策のために大量のマスクを必要としている
    機関や施設に優先して供給していき
    その後、一般生活者向けにも販売する見込み。
  •  

  • 今回の新設ラインに加えて2台目の加工機を増設し、
    7月より月間2600万枚の生産能力を持った設備まで増強することを計画
  •  

  • 大王製紙の不織布マスク価格はまだ未定ですが
    50枚入りだと3000円前後の価格設定か!?
  •  

  • 大王製紙の不織布マスクの一般販売の時期は
    7月前後と推測できます。

 
 
 

Copyright© トレンド情報・ドットコム , 2020 All Rights Reserved.